安さで選ぶゲーミングPCメーカー

なんでこんなに安いの!?調査したら驚きの結果が!

パソコンに詳しい人は絶対にVAIOのような製品は買いません。その理由はコスパが異常に悪いからです。搭載パーツから考えたら信じられないような高い価格をつけています。ブランド料を上乗せしているとしか思えません。

 

しかしBTOゲーミングPCにはブランド料なんてありません。だから安いのです。ただ、どのゲーミングPCも同じ価格ではありません。若干の差ですが、高いメーカーと安いメーカーがあります。

 

最安値の多くはG-Tune!

安いことで有名なのはG-Tuneです。特にエントリーモデルとミドルスペックがとても安いですね。例えば、Core i7-4790、メモリ8GB、GeForce GTX960の組み合わせは、多くのメーカーが12万円以上なのに、G-Tuneは9万円台です。

 

ただしNEXTGEAR-MICROシリーズは安いけれどもDVDドライブが搭載されていないことが多いので、おすすめは高性能なNEXTGEARシリーズです。ゲーミングPCに最適なスペックが多いシリーズで、しかもお買い得です。

 

 

安くて信頼性があるのはドスパラ!

G-Tuneは価格面で完璧というわけではありません。ハイスペックはあまり安くありません。また搭載パーツのメーカーが明らかになっていないものがあります(例えば電源)。

 

そういう意味では「確かに安いけれど、大丈夫なのかな」と不安になります。そこで対抗馬としておすすめしたいのがドスパラです。ミドルスペックはG-Tuneよりも少し高いですが、電源もHDDもSSDもどのメーカーのパーツを使っているか明記しています。

 

しかも人気のパーツメーカーばかりを使っています。だから高速で長持ちするのです。だから安さに加えて信頼性も考えるなら、ドスパラを選ぶべきでしょう。

 

まだ、ドスパラはハイスペックゲーミングPCが安いと評判です。G-Tuneよりも安いです。高性能グラフィックボードを搭載したゲーミングPCを探している方は、ドスパラから選ぶことをおすすめします。